不妊の原因の一つに、男性の性交障害があります。 男性の性交障害が原因で、妊娠できないということも少なくないのです。 では、性交障害とは一体何なのか、ご存知ですか? 性交障害とは、性行為が上手くできないことをいいます。 例えば、勃起不全も性交障害です。 勃起しないのですから、性行為そのものができません。 中には、妻との性行為の時だけ勃起しないというケースもあるそうです。 また、勃起はできても、射精することができないことを射精障害と呼んでおり、この射精障害も性交障害に含まれます。 なぜ、性交障害になってしまうのかというと、ストレスや疲れなどが原因で性交障害になることがあります。 ストレスや疲れが溜まってしまうと、勃起不全になったり、精子の数が少なくなったり、精子の運動量が少なくなってしまい、妊娠しにくくなってしまうのです。 男性が病院で診察を受けるのは恥ずかしいかもしれませんが、とても大切なことなので、一度パートナーと一緒に病院に行って、診察を受けるようにしましょう。